幼児教育

ECCジュニア英語教室を見学

こんにちは、ブログを見に来てくださりありがとうございます😊

先日、小学一年生の娘と一緒にECCジュニア英語教室の見学に行ってきました。

その時の様子と感想をお伝えします。

とりあえず資料請求と体験申し込み

そろそろ子どもに英語をちゃんと習えるところを探してあげようと思い、市内の英語教室を検索していました。

 

よく聞く名前で比較的小学校から近い教室が見つかったので資料請求と体験の申し込みをオンラインで済ませました。

 

まもなくして案内の資料が送られてくるのと同時に教室の先生から電話がかかってきました。

 

「次の授業に出てみませんか?」

 

と誘われたので早速うかがうことにしました。

 

小学校から徒歩で行ける距離で、同じ学校の子が通っている近所の教室でした。

 

一旦学校から帰宅してランドセルを置いたらすぐ出発。歩いて10分ちょっとで着きました。

 

有名なECCジュニアの英語教室で自宅の一室を教室に開放しているタイプのところでした。

 

着いた時にはレッスンが既に始まっていて窓の外まで元気な声が聞こえてきました。

 

普段他の子達は学校から家に帰らずに歩いてそのまま教室にやってくるそうです。

 

テキスト類が専用のバッグに入れられて重そうです。

↑イメージです

学校にその専用バッグを持っていくのか聞いてみたら、カバンだけ保護者の方が届けたり、前日に先生の自宅に預けていったりするということでした。

 

送迎の行きの手間がないわけではなく教材配達の任務があるようです。帰りは全員迎えの車で帰っていきました。

 

忙しい方、働いている方は祖父母が来てくれているようで、うちは祖父母がいないので通うとしたら私が担当することになります。

 

それでは肝心のレッスン内容をお伝えしていきます。

 

実際のレッスン内容

10分ほど経過してからの参加でしたが、実際に見たことをお伝えしたいと思います。

 

まず、テキストが2冊と絵のカードが入ったアルバムのような冊子がありました。

 

●テキストの内容に合わせたDVDがテレビに映し出されて、先生が質問して子どもたちが答える

 

●英語の回答を先生が言った上でDVDや先生のタブレットからネイティブの音声が流れる

 

●英語の歌に合わせて体を動かす

 

●テキストにある問題を解く。読んだり発音したりするだけでなく、筆記用具を使ってテキストの問題を解く時間もありました。

 

●会話形式のアニメを見て英語が流れたら即座に日本語に訳して答える

 

●単語の問題をする

 

●絵のついたカードを使用したゲーム

 

など、一つ一つにかける時間は短くて沢山のことを次々とテンポ良くこなしていくような流れでした。時間は合計60分です。

レベルの高いクラス

1年生で既にここまでできるんだなと感心していると、先生からこのクラスはレベルが高い方だと思います。

 

と見学中に何回か言われました。

 

年中から習っている子が複数いて、内容も1年生の4月から開始して、今は11月なので随分進んでいるなという印象でした。

 

途中から入ったら明らかに差が出るのは仕方ないとして、1年生の段階ならいくらでも追いつくことは出来るかなとも思いました。

 

単語量や英語の慣れの違いはあるけれど何とかなりそうです。

 

授業日程が定まっていない

今から入る分には曜日は決まっているけれど、「2年生になった時に授業の日時変更を検討しているので、いつ開講しますと言い切れないんです。」

 

と言われてしまいました。他の習い事と被ったら通えないのでそれは困ると思いました。

 

テキストと教材費は一年分でおよそ2万円です。途中から入会すると、勿体ないかもしれないですねというお話はありましたが、入会自体は今から(11月)でも問題ないようです。

 

4月から11月のほぼ下旬までのテキストを使わずにあと3ヶ月のために2万円のテキスト。

 

家で問題を解いたりビデオを見たりすればテキストを使うので無駄にはならないけれど、レッスンはないということになります。

 

システムがしっかりしている

ECCジュニアは小学生だけでなくその後中学生になってもカリキュラムが続きます。

 

元々が大人向けの英語教室をしている企業だけあって、体系がしっかりしているなという印象です。

 

そこは大手のノウハウが生かされているので信頼して受講したいと思える点です。

 

家での学習が大事

なんとこのレッスン、予習をしてこないといけないということでした。(他の教室も同じでしょうか?)

 

次のレッスンの内容をあらかじめ勉強しておかなくてはならないらしいのです。

 

きっと宿題も復習も必要なはず。

 

みんなどうやって時間を捻出しているのかと思います。

 

ピアノの練習の時間はしっかり取りたいウチは時間管理をどうすればいいかしっかり考えてあげないといけません。

 

うちの子どもはのんびりタイプで、一人でテキパキ出来るタイプではないのでそこは親のサポートが必須です。

 

見学してみた感想

レッスンの雰囲気は明るくて楽しそうでした。

 

子どもたちは積極的に参加していて、先生も明るい感じの方でした。

 

先生は日本人の方なので発音はDVDなどを使ったものを聞いて正しい発音を学ぶ感じでした。

 

本当は外国人の方でネイティブスピーカーの英語を習えたらいいなと思っています。

 

絶対ではなくても、小さい時にしかきれいな英語の発音が聞き取れないし身に付かないと思うからです。

 

結局田舎で好条件の英語教室を探すのは難しいし、限られた条件でしか見つけられないので出来る範囲で習わせてあげられたら良いかなというのが感想です。

 

何もしないよりはなるべく早い段階で英語に触れてほしいと思います。

 

子どもはというと、とても喜んで帰ってきました。特に同じクラスの仲の良い子が通っていたのでそれも嬉しかったようです。

 

翌日学校でぜひ入会して欲しいと声までかけられたようで、子どもの気持ちはだいぶ傾いています。

 

親としてはまだもう少し考えてから決断したいところです。

 

オンラインという手段も田舎の心強い味方ですね。ネイティブと触れ合う機会を作ろうと思えばそうした補助的な方法で不足分を補えるのかもしれません。

 

結論はまだ出ていません。もう少し家族と話し合ってから決められたら良いなと思います。以上簡単ではありますが、ECCジュニア見学の体験記でした。

 

最後までお読みいただきまして有難うございました!

 

それではまた^_^

 

Have a nice day!✨☕️

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ミニカ
小学一年生の娘と夫の3人暮らし。子育てや幼児教育などに関する情報を発信していきます。最近のお気に入りはカカオ80%以上のチョコレートとコーヒーです☕️